Menu

Reflex Diary

iPad Pro & Smart Keyboard

もう1週間以上前のことになるがiPad Proが到着した。

1週間くらいメインの持ち歩きラップトップとして使ってみた感想を軽く書こうと思う。

とりあえずいいことを書いていきたいのだが、ある一点がダメすぎてiPad Proの本来の役割を全く果たさないのでなんとかしなければいけない。

それはSmart Keyboardだ。

普段Realforce 91UDK-Gをメインで使ってることからもわかるようにキーボードにはただならぬこだわりがある。

iPad Proのキーボードは評判も最初は少し微妙だけど慣れれば何とかなる的な記事が多かったのでそれを信用して買ったが、それは大きな間違いだった。

Surface Proの物理キーの方が1億倍マシ、あの打ちにくいMacBookのバタフライキーボードよりひどい。

もはやこれをキーボードと呼ぶのはちゃんとしたキーボードを侮辱することに値するのでは無いかというくらい打ちにくい。

もはやホームポジションを崩して人差し指と中指といった力の強い指を積極的に使わないと僕の力の弱い手では押せないことが多く、非常にストレスフルである。

正直これ今ブログを書いてるうちもたった数百文字程度のこの短いブログですら昔腱鞘炎になりかけた右腕がものすごく痛んでくる。。。

今すぐにでもこれは使うのをやめてほかのキーボードにうつるべきだとしか思えない。

1つ言えるのは、これは基本的にほとんどの人には問題ないくらいいいキーボードだが、特に私の弱い腕と手には非常に負担が高く、正直全く使い物にならないのというのが現状だというのをわかってほしい。

 

あまりに腕が辛いのでRealforceに戻ってきたが、やはりこの打ちやすさと疲れにくさは何ものにも代えがたいものがある。

iPad Proを買う人に忠告する。SmartKeyboardは世の中に出回ってるレビュー以上にゴミなキーボードだからもしRealforceやHHKB、Majestouch等の高級キーボードを愛している人がSmartKeyboardを買おうと思っているのならば是非再考してほしい。

とりあえず僕はLogicoolのBTキーボードの安いやつでも買って腕の負担を少しでも減らせないか検討していきたいと思う。

 

※iPad Pro 10.5のキーボード以外はすべて快調です。USBメモリが使えないのがかなり厳しいけど。。。